風俗が不況に強いと言われる理由はどこにある?

よく風俗業界は「不況知らず」と言われています。

本当にそうなのか?と疑問に感じたことはありませんか?

人それぞれの感じ方で、正直なところ何とも言えませんが、日本経済が「不況」であれば、やはり客足が遠のくことは否定できません。

ですが、閑古鳥がなくほど遠のくという訳でもありません。

要は、ニーズは少なくなるけど無くなることはないということです。

ですので、顧客は必ず確保されているということなので、不況だとしても「儲けることが出来る業界」ということは間違いありません。

こちらの風俗の専門サイト タイムスを見ても分かるように、全国ではデリヘルを中心に数千件の風俗店が営業しています。

ただ、顧客の取り合いになることになるので、厳しいデリヘル店は、やはり淘汰されていく厳しい世の中です。

つい先日も、私が贔屓にしていたお店が潰れてしまい残念な思いをしてしまいました。

 

◆不況でも性欲は不況知らず

基本的には、見出しに書いてあるとおりです。

男性なら分かると思いますが、日本経済がどうであろうと、性欲は全く関係がないということです。

どこかしらで、この性欲を満たさないといけないわけです。

ですが、さすがに不景気の前のように、気軽にデリヘルで遊ぶようなことはなくなりました。

こういった背景から、不況知らずというわけではありません。

あくまで、男性が感じる性欲は不況知らずで、その中でも「我慢ができなかった」「回数を減らした」という感じで、デリヘルで遊びにはくるので、全くお客さんがこなくなるというわけではありません。

それに、こちらの風俗求人のサイトでも言われているように、不景気になると風俗店で働こうと思う女性が増えるというのも事実なのです。

◆女性の就職先がない

生活はしていかないといけないけど、就職する先がない。

ということで、致し方なく、このデリヘル業界に足を向ける女の子が多くなってきたことは確かです。

ですので、言葉が悪いのですが、昔より「質のよい女の子」が集まりやすくなっています。

お客として遊ぶ、我々男側の立場から見ても「えっ?なんでこんなに可愛い子が?」と、ついつい疑問に思ってしまうほどのレベルの子も実際には居ます。

ともあれ、このように可愛い子が多ければ自然と、男性がテンションが高くなってしまい、遊びにくることが多くなるという側面ももっています。

ですので、これもまたお客さんが居なくならないので、不況には強いと言われるゆえんかもしれません。

不況とはまた違うかもしれませんが、仙台は震災の影響で出稼ぎなどの労働者が増えたこともあって歓楽街が賑わったこともあって、他の地域から風俗嬢も出稼ぎにくるようになったそうです。

そのため、仙台 デリヘル求人は応募が殺到したそうです。

◆不況だからこその「ストレス発散」

単純に、不景気だ不景気だといわれ続け、妻子持ちの方が家に帰れば「お金がない」と愚痴られれば、ストレスが溜まるのは当たり前です。

だからこそ、思いっきり性欲を放出して癒されようと思うわけです。

このように癒しを求めて足を向ける男性客が多くなるのも理由の一つと考えます。

 

新規デリヘル店が多い理由は「ネット」が敷居を低くした

まだまだ携帯電話が普及していないころ、人は電話ボックスをよく利用していました。

そして、電話ボックスには必ずと言っていいほど怪しげなピンクチラシが張ってあります。

この時代を知っている方であれば、最近、この手のピンクチラシを見なくなったなと思いませんか?

元々、犯罪行為なので、なくなって当然ではありしたが、それでもいたちごっこで、必ずどこかの電話ボックスに張られていたものです。

ヒドイ時には、郵便受けのなかに投函されていたりもした時代がありました。

さて、この最近、これらがなくなってきたのは訳があります。

それが「インターネット」です。

合法でしかも集客率が高いコンテンツなので、ピンクチラシのように「リスクも大きく集客率も低い、コストもかかる」というデメリットだらけの宣伝をするわけがありません。

時代は流れているのだなと思います。

そして、さらに「起業する敷居」を低くした要因でもあります。その辺りをお話していきたいと思います。

◆デリヘルの敷居が低くなった理由は「ネット」

いくらインターネットが普及したからといって、すぐにデリヘルの敷居が低くなったわけではありません。

インターネットが普及し始めたときというのは、まだまだ専門的な分野というのがイメージとして強く、まだまだ世間一般に提供されるコンテンツではなかったのです。

それが、徐々にIT革新として一般的にも認知され、誰でもできるような環境が整ってきてから、このデリヘル起業の敷居が低くなってきたといえます。

◆さらに大手情報サイトが確立

そしてもう一つが、この大手情報雑誌がインターネットを利用した情報サイトを作ったというのが非常に大きな分岐点となっています。

このデリヘルの専門サイト ジャーナルのおかげで、宣伝が非常に楽になったのです。

確かに有料なので、コストはさらに、非常に簡単にカスタマイズができるので、自分のお店の色を出しやすいようになり差別化もできるため敷居が低くなったといえます。

◆「覚悟さえ」あれば…

最終的には、ちょっとした資金と「覚悟」さえあれば、誰でも起業できるような状況に変わったのは確実にいえます。

おそらく、今後もデリヘル店は増えていくので、徐々に市場が大きくなっていくと思います。

「老舗」には、遠く及ばないものの、新しい風を吹かせるチャンスなので、起業は今かもしれませんね。

この辺りの見極めは各々の経営スキルにかかってきます。

Author: admin
Category: